「 介護士のケア 」 一覧

高齢者との会話で困らない話題作り あなたのモチベーションもアップする

世代の違う高齢者との会話。何を話せばいいのかわからない、話しても続かないということはありませんか。高齢者施設に働きはじめて、コミュニケーションでお悩みの方に、会話のコツや話題に困った時のツールをご紹介します。

介護のメモで申し送りが3日目でスラスラ出来ちゃう方法

介護の申し送りで、、要領よくメモが出来ずに悩んでいませんか。申し送りのスピードが速すぎて、メモしたのに自分の字が読めない、書き洩らしてしまう。そんな悩みのある介護職の方に、3日目には申し送りがスラスラ出来ちゃう方法をご紹介します。

高齢者がむせるときの対処法 基本的な対応を身につけたい

介護で高齢者の方が強い咳払いで苦しそうにむせたりすると、「何をすればいいの?」と悩んだりしませんか。簡単な対処法ですが、むせたときの対処法が曖昧だったり自信のない方に、高齢者のむせたときの対処法をご紹介します。

認知症介護でイライラが止まらない 介護士のアンガーマネジメント

認知症介護をしていて「イライラが止まらない」と思うことはありませんか。認知症の症状だとわかっていても、「どうすればいいのよ!もう止めてよ!」とイライラが溜まってしまったら、アンガーマネジメントを取り入れてみましょう。

認知症のせん妄 夜の突然な興奮があったときの対応方法

認知症の症状があっても「突然こんなに興奮することはなかった」と思うなら、それは『せん妄』の状態かもしれません。突然の興奮に慌ててしまいますが、話を聞くことで気持ちが落ち着いてきます。せん妄があるときの対応を見ていきましょう。

認知症の人に不安はモレナクついてくる 見当識障害からの不安

「いつ」「どこ」「だれ」がわからなくなる見当識障害は、認知症の方の中核的な症状で大変な不安を伴います。必ずあると言える見当識障害に、取り組んだ事例を交えて、見当識障害のご本人の不安と対応策をご紹介します。

介護の便の拭き方を知ってグ~ンと楽になる

介護者にとって、オムツ交換をスムーズに行えると、介護がグ~ンと楽になります。特に便失禁のときに便の素早い拭き方を知っていたら、それは介護される方にとっても負担が少なくなりますよ。試して頂きたい便の拭き方をご紹介します。

認知症の『作話』で困った時の5つの対処方法

認知症の作話の対応で苦労する「作り話を近所に言いふらす」と言う行動。「ご飯を出してくれない」「お金がなくなる」など認知症の症状があると、ありもしないことを、ご近所に言いふらされ介護者のストレスは倍増してしまいます。このような作話の症状があったときの対処方法を5つ紹介します。

認知症の音楽療法 音楽は感情に残っている 

音楽療法は 、音楽を人々の心身の健康に役立てる行為 です。認知症の症状が進行して、意思疎通が難しくなった方にも音楽療法を行うことで、動作の動きや表情にも変化が現れます。認知症のある方に実践している音楽療法をご紹介します。

介護の『ミトン』 介護施設で『ミトン』を使わない工夫

認知症の症状のある方に、おむつ外しや便を触るなどの行動があると介護者にとっては、ストレスの多い行動となってしまいます。『ミトン』の手袋をすることによって行動を抑制できますが、介護施設では身体拘束の用品となり、『ミトン』を使わない工夫がされています。実際、介護施設で行っている『ミトン』を使わない工夫を見ていきましょう。

Copyright© 認知症 介護の窓から明日が見える , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.