「 行動・心理症状 」 一覧

認知症の不眠で家族も眠れないとき「どうすればいいの?」

認知症の方が夜になっても一向に眠らなかったり、夜中に起きてゴソゴソ何がはじめたりする。こんなことが毎晩のように続き家族も「眠れない!」ということはありませんか。認知症の方が不眠の状態が続いて、ご家族が「どうしたらいいの?」と思ったときのヒントをご紹介します。

『認知症で叫び続ける方』の介護職が知恵を絞った対応法

認知症の症状で昼夜を問わず叫ばれ続けると、介護者にとってはかなりストレスになってしまいます。認知症で叫び続ける症状を「止めさせたい!」と思うことはありませんか?介護職員が知恵を絞った方法をご紹介します。

介護認定で認知症の親がいつもと違ってシャキッとしちゃう

いつもより元気な状態の時、介護認定の調査を受けると、正しく見てもらえるのか不安になりませんか?介護認定で認知症の親が、いつもと様子が違う時や症状を言いづらい時の伝え方を紹介します。

長谷川式のやり方を覚えて認知症をサラ~っと確かめてみる

ご家族に 認知症じゃないかしら?と思うとき、確かめてみたけどいきなり病院に連れて行けないし・・と思うことはありませんか?長谷川式の検査で、認知症の疑いを調べることができます。長谷川式のやり方を覚えて認知症をサラ~っと確かめてみる方法をご紹介します。

パーソンセンタードケア 認知症で困った時の考え方

パーソンセンタードケアとは、 認知症をもつ人を一人の「人」として尊重 するケアのこと 。認知症の方が困った行動をしたときに、その方をどのように尊重しながらケアをしたら良いのでしょうか。パーソンセンタードケアを取り入れた5つの考え方をご紹介します。

認知症のせん妄 夜の突然な興奮があったときの対応方法

認知症の症状があっても「突然こんなに興奮することはなかった」と思うなら、それは『せん妄』の状態かもしれません。突然の興奮に慌ててしまいますが、話を聞くことで気持ちが落ち着いてきます。せん妄があるときの対応を見ていきましょう。

認知症の『作話』で困った時の5つの対処方法

認知症の作話の対応で苦労する「作り話を近所に言いふらす」と言う行動。「ご飯を出してくれない」「お金がなくなる」など認知症の症状があると、ありもしないことを、ご近所に言いふらされ介護者のストレスは倍増してしまいます。このような作話の症状があったときの対処方法を5つ紹介します。

SOSネットワーク 認知症の方の97%が発見

認知症で「道に迷うことが多くなった」「自宅に帰れなくなる」そんなことがあるときは、SOSネットワークに登録しましょう。地域の事業所や店舗などに情報が配信。認知症の方の行方不明者のうち約97%の方が発見 ...

認知症の音楽療法 音楽は感情に残っている 

音楽療法は 、音楽を人々の心身の健康に役立てる行為 です。認知症の症状が進行して、意思疎通が難しくなった方にも音楽療法を行うことで、動作の動きや表情にも変化が現れます。認知症のある方に実践している音楽療法をご紹介します。

認知症の薬を『やめる』とどうなるか 実例で紹介

認知症には4種類のお薬があります。認知症の進行を遅らせるためや、穏やかに過ごせるために使われています。認知症の薬は、必ず飲まなければならないものではありません。では、飲んでいた薬をやめるとどうなるのでしょうか。

Copyright© 認知症 介護の窓から明日が見える , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.