「 行動・心理症状 」 一覧

介護の『ミトン』 介護施設で『ミトン』を使わない工夫

認知症の症状のある方に、おむつ外しや便を触るなどの行動があると介護者にとっては、ストレスの多い行動となってしまいます。『ミトン』の手袋をすることによって行動を抑制できますが、介護施設では身体拘束の用品となり、『ミトン』を使わない工夫がされています。実際、介護施設で行っている『ミトン』を使わない工夫を見ていきましょう。

認知症になる食べ物ってあるの?認知症を食事で予防する

「この頃物忘れが多くなった」「人の名前が思い出せない」と思うときに心配になるのが認知症。認知症の発症は51歳を過ぎると高くなっていきます。そんなときに、日々の生活で注意したいのが食事です。認知症になる食べ物はあるのでしょうか。認知症を食事で予防すると言われている食品や、生活で気をつけるポイントをご紹介します。

認知症で思い込みが激しい 大切な人への対応

認知症に限らず、高齢になると思い込みが激しくなります。ご家族や介護者にすると「どうしてそうなる?」と思うようなことが多くなるのです。間違いを正すと思い込みは一層激しくなり、症状を悪化させてしまいます。大切な人だから関係を良好に保ちたい、そんな時の対応を紹介します。

認知症の対応 攻撃的な行動のあるとき

認知症の行動・心理症状である攻撃的な行動は、介護者にとって心理的にも負担となる症状です。しかし、ご本人にとって何かしらの理由が潜んでいるものです。ご本人の気持ちを理解することが大切ですが、具体的な対応はどのようにおこなったらよいのでしょうか。認知症の攻撃的な行動があるときの、具体的な対応をご紹介します。

認知症の方の声かけ例

認知症の症状のある方への声かけの方法で、基本的に知っておきたいことや具体的な声かけ例、実際の事例を考えながら、どのような声かけが症状を悪化させないのかをみていきましょう。

認知症ケアで大切なこと 接し方のポイントはコレ!

認知症ケアで大切なことは、認知症の方の気持ちや身体状況を知ることです。短期記憶があいまいになると、今の状況を理解できずどうしてこうなるのか?の不安がつきまといます。思い通りにいかないうえに、介護者に「ダメ!」と言われる。記憶はいつしかタイムリープしはじめる。そんな認知症のかたの接し方のポイントを紹介します。

認知症 夜間の不穏が睡眠障害につながる「こんな所に置いていくの!」

認知症の方が、興奮して穏やかでないことを『不穏』と言います。不穏な状態は、暴言や暴力の行動を引き起こし、夜間の不眠にもつながります。行動の現れは、何かを知らせるサインであることを知れば、対応に繋げることができていきます。不穏の解決方法の一つとして、知っておきたい原因の見つけ方を3つ公開します!

認知症 「訴えてやる!」突然の激怒には目的があった

認知症の方の介護をするうえで、「突然怒り出す」症状に困ることがあります。話を聞くうち内容がヒートアップすることもある「突然の怒り」には、実はご本人の目的があることを知っておきましょう。介護士にできる対応を探っていきます。

「眠った気がしない!」悪夢に苦しむ利用者さんの経過を知る

レビー小体型認知症の方で、夜中に悪夢を見て大きな声で叫んだりする方がいます。ご本人にとっては恐ろしい夢ですから、介護士にとって心のケアも必要となります。そのような症状についての具体例を見ていきましょう。

認知症の帰宅願望「誰もいねぇ!」と我が子を探すとき

認知症の心理・行動障害に『帰宅願望』があります。ご自宅にいても「家に帰る」と言う方もいますから、一言に『帰宅願望』と言っても症状はさまざまです。その中で我が子を探す『帰宅願望』について見ていきます。

Copyright© 認知症 介護の窓から明日が見える , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.