2019/8/15

スポンサーリンク

介護サービス

介護の風呂 浴室の手すりを選ぶポイント

投稿日:

スポンサーリンク



立ったまま浴槽へまたぐ動作ができる方は、手すりの支えがあると楽で安全にお風呂に入ることができます。浴室の手すりは、またぐ動作の他にも立ち座り動作をサポートすることができますから、手すりを購入する前にポイントをおさえておきましょう。

介護の浴室手すり 

浴室手すり 動作ごとの手すり

お風呂で移動したり立ち座るをするときに便利な手すりですが、どのなような動作で手すりを使うかをみていきます。

お風呂で手すりが必要な動作は次のようなことです。

  • 浴室への出入り
  • 洗い場の立ち座り
  • 浴槽への出入り
  • 浴槽内での立ち座り

浴室への出入り

浴室への出入りは、ドアの開閉があり体のバランスを崩しやすくします。
出入口に縦手すりを設置すると、ふらつくことなく出入りが行えます。

洗い場の立ち座り

洗い場に縦手すりがあると、立ち座りが楽に行えます。

浴槽への出入り

浴槽をまたいで出入りする動作は、またぐときに片足の状態になるため、体を安定させて動作を行う必要があります。
高齢の方は、足を高く挙げる動作が難しくなりますから、体を傾けて足を挙げようとします。

そのため、特に注意が必要なのが浴槽をまたぐ動作といえます。

工事が必要な縦手すりや、浴槽に固定して取り付けるタイプがあります。

浴槽内での立ち座り

浴槽に入ると思った以上の体力を使ったり血圧が低下することで、浴槽内で立ち上がれないことがあります。
L型の手すりを設置することで、屈むなどの動作や立ち上がりを楽に行えるようになります。

この他に、浴室面積の広い場合は、浴室内の移動にも手すりがあると便利です。

介護保険を利用できる

介護認定を受けている方の場合は、「特定福祉用具」として手すりを購入することができます。

また、工事などの設置が必要な縦手すりやL型の手すりは、「住宅改修」として購入や設置が行えます。

介護 浴槽手すり

浴槽への出入りが一人で出来る方の場合でも、動作に不安がある方は浴槽用の手すりを取り付けると安全にお風呂に入ることができます。
工事の必要がなく、簡単に取り付けることが可能です。

その種類と使い方のポイントをみていきましょう。

浴槽手すり バスアーム

浴槽の縁の幅が一定である場合に、取り付けることができます。
両手で支えることができますから、立ち上がりが楽に行えます。

浴槽をまたぐ動作には、前かがみの動作が伴います。
低い部分で前屈みの動作を支えながら、高い部分で立ち上がり動作をサポートできます。

価格も手ごろで購入しやすい手すりです。

浴槽手すり (工具 工事 組み立て不要) 安心 安全 ワンタッチ取り付け 入浴介護 入浴介助 介護ケア用品

浴槽手すり バスグリップ

浴槽内に入るグリップ部分をつかみながら、上についているハンドル部分をつかみ、体を安定させてから立ち上がります。

このタイプは、ハンドル部分がどの方向からもつかめるようになるため、立ち上がってから、体の向きを変えてつかみ直すことができます。

体の小さい方では、浴室の中央部分に取り付けることが多いですが、大きい方の場合は、中央部分ではまたぐ動作が行いにくくなります。

浴槽のコーナー部分に取り付ける場合、コーナーでは浴槽の厚みに幅が違いますから、形状に合わせられるタイプを選びましょう。

また、浴槽の縁は深くなるほど厚みがあり、浴槽の縁になだらかな傾斜が付いている浴槽もありますので、ご自宅の浴槽のタイプを確認しましょう。

介護施設の個浴にも良く使われるタイプの手すりです。

【介護 入浴手すり グリップ 移乗 入浴介助】安寿 高さ調節付浴槽手すり UST-165W

浴槽手すり 吸盤タイプ

ちょっとした支えが欲しい場合には、格安な吸盤タイプもあります。
立ち上がるために、つかむところが無いようなときに、役立ちます。

ユニットバスなどの凸凹がない壁面に取り付けます。
体をしっかりと支えるには、不十分なため立ち上がりのときに、浴槽の縁に手を置きながら使うとよいでしょう。

このタイプは、浴槽の中にも取り付けが可能なので、浴槽内でつかまり体を安定させることができます。

【介護 入浴手すり グリップ 移乗 入浴介助】クイックバー / UNI-350-W

介護手すり 住宅改修

住宅改修費の使い方

住宅改修は介護認定を受けている方で、20万円までの利用が可能です。
20万円を超えて利用すると自費負担となります。

支払いに関しては、利用する方が事業所へ全額をいったん支払い、その後市役所などに申請して全額のうちの7割から9割が返還されます。

介護の手すり どこに頼むの?

利用する事業所は市町村に「受領委任払い制度登録事業者」として登録している事業者を利用します。

タイル貼りやモルタル壁に取り付けますので、技術や工法が必要となりますし、どのような取り付け方をするかによって費用に差がでます。

1か所の事業所だけではなく、数か所見積もりをとることをおすすめします。

住宅改修は、手すりの他に段差の解消や引き戸への交換などもできますから、その後に必要となりそうな改修も考え合わせてから利用しましょう。

介護保険を利用しなくても、ご近所の工務店でも良心的なお店もありますから、一度ケアマネージャーさんに相談するとよいでしょう。

スポンサーリンク

-介護サービス
-

Copyright© 認知症 介護の窓から明日が見える , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.