2019/8/15

スポンサーリンク

介護士アラカルト

老人性難聴 介護士が話す『聞かれたくない話』は実は聞こえている

投稿日:

スポンサーリンク


老人性難聴

介護施設などでは、利用者さんの状態を伝達する『申し送り』があります。聞こえないように話しているつもりでも、実は利用者さんには聞こえていることが多いのです。老人性難聴があるからといって、配慮しないでいると利用者さんに不安を抱かせてしまいます。介護士が起こしてしまいがちな失敗談から見ていきましょう。

聞かれたくないその話

介護士の申し送りは聞かれている

介護施設では一日に午前・午後の2回、利用者さんの状態を伝える『申し送り』というものがあります。

利用者さんの安全を確認しながら行うため、利用者さんが見える位置で行うのが通常です。

『申し送り』の内容は、利用者さんの注意すべきことや日常にはない変化が伝えられます。内容によっては、便失禁があったことやおかしな言動・行動なども伝えられます。

利用者さんにも聞こえることを配慮するので、利用者さんを頭文字で読んでみたり、便のことをKotなどと伝えたりするわけです。

しかし、利用者さんは敏感です。申し送りでご自分のことが話されていることを知っているのだと思います。

「忘れるから認知症になった」

認知症対応のグループホームに入居する80歳代の女性が、朝方に便失禁をしていたという内容が申し送られました。

以前は夜中でも、排泄のために起床していた利用者さんでしたから、この状況の変化は伝えられます。そしてこの月に2度目であったため、事実に加え「認知症状が進行したのではないか」という憶測も話されます。

この利用者さんは、認知症の他に老人性の難聴や緑内障もあり、「見えない』「聞こえない」ことをとても気にかけ悩んでおられました。

この申し送りが終わった後、利用者さんが突然立ち上がり介護士に「私は忘れるから、認知症になったんだ」と話します。

パーキンソンの症状があり表情に変化がなく、感情を読み取りにくため、なぜそう思ったかを尋ねても「もういいの、かまわないで」と言い、それ以上のお話を伺うことは出来ませんでした。

申し送りの内容をもう一度振り返ってみると、「Kotの失禁に気付かないようでした」「認知症状が進行しているのでしょうか」と送られています。

難聴であるはずの利用者さんに、この申し送りが聞こえているのか否かは確認できませんでしたし、なぜ「私は忘れるから、認知症になった」という言葉につながるのかはわかりません。

しかし、言葉にして言わずにはいられない、気持ちの変化があったことは事実です。

老人性難聴とは

聴力の低下

年齢を重ねるごとに聴力は衰えていきます。老化が原因である老人性難聴は、聞き取りにくい症状から始まります。

話を聞き返すことが多くなり、テレビやラジオを大音量で聞き取ろうとします。耳鳴りがするようになり、会話が聞き取りづらくなります。

一般に高音は聞き取りづらく、低音は聞き取りやすいといいます。

何度も聞き返すことをあきらめてしまうと、耳からの情報が減少し認知症がある場合は、認知症の症状を進行させてしまいます。

補聴器は疲れる

聞こえないなら補聴器を使えばいいと思うのは、若い方の考え方です。高齢になってから補聴器を使うと、実はとても疲れるのです。

耳にかけるタイプで手ごろな価格の補聴器が近年出回っていますが、自分の声が異常に大きく聞こえます。

早い段階で使用するなら、それにも慣れることが出来ますが、体力の消耗が著しい高齢者には不向きです。

耳鼻科で調整して耳穴にはめ込むタイプの補聴器は、物音が雑音のように聞こえます。

そして、認知症がある場合は落としていても、周囲の人が気付きにくいこともあります。

介護をして心得ること

難聴の方に配慮する

「カ行、サ行、ハ行」は聞き間違いが多くなると言われています。話しかけるときは、出来るだけ耳元でハッキリとそしてゆっくり話しかけます。

そして、大切なことは話しかける前に、「これからあなたに話しかけます」と意思表示することです。

不思議なもので、突然話しかけても聞こえない場合が多く、目を合わせる・肩を叩いて合図を送るなどしてから話しかけると、聞き取ろうとする準備が出来るのか、コミュニケーションもスムーズに行えます。

介護士の対応

介護士たちは。利用者さんの状況を伝えるとき、暗号めいた用語を使って伝達します。配慮して声をひそめて話しているわけですが、低音でゆっくり伝える内容が聞こえている場合もあるのです。

何か行動を促す場合は、逆に声が高く早口になってしまします。

高齢になると、話しかけた内容を受け入れてから考えるという行動もゆっくりになります。

話しかける合図をする、落ち着いてゆっくりと話しかける、内容を理解できたかを確認してから次の会話につなげるなどを、心得て対応するとコミュニケーションも充実していきますし、利用者の方々にも安心を提供することが出来ます。

伝達事項を申し送るときは、利用者さんが聞いているということを念頭に置いて伝えていきましょう。

スポンサーリンク

-介護士アラカルト
-,

Copyright© 認知症 介護の窓から明日が見える , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.