2019/8/15

スポンサーリンク

介護士アラカルト

認知症介護でイライラが止まらない 介護士のアンガーマネジメント

投稿日:

スポンサーリンク


認知症介護をしていて「イライラが止まらない」と思うことはありませんか。認知症の症状だとわかっていても、「どうすればいいのよ!もう止めてよ!」とイライラが溜まってしまったら、アンガーマネジメントを取り入れてみましょう。

認知症介護でイライラが止まらない理由

認知症介護でイライラが止まらない理由、それは自分の気持ちの状態にあります。

認知症の症状には、症状が強くでる場合とそうでない場合がありますが、症状が強く出る場合に「何とかしたい」という気持ちになります。

介護する側の希望が強く出たときに、イライラが止まらなくなるのです。

 

認知症とわかっていても我慢できない

イライラは、感情が「怒り」に変わるまでの前段階の状態です。

イライラするときは、自分が望む状態でなくなるときに起こります。

例えば

  • 食事介助をしているけど、なかなか食べてくれない
  • 排泄介助をしたのに、5分も経たずにまたトイレに行きたいと言う
  • 入浴介護しようと、声をかけるけれど嫌がる

「~してくれない」という自分の望む状態にならないときにイライラします。

言い換えると、それは認知症の人があなたの気持ちを「受け入れない」ときです。

「ご飯はすぐに食べるべき」「排泄は間隔をあけてするべき」「風呂に入ってきれいにするべき」という、「~すべき」という気持ちが強ければ強いほどイライラします。

 

認知症の人になぜ介護が必要なのかを、考えてみましょう。

認知症の中核症状は

  • 記憶障害(新しいことを記憶できない)
  • 判断力の低下(判断が適切にできない)
  • 見当識障害(今の状況がわからない)
  • 実行機能障害(段取りよくできない) などです。

介護は、出来ないことを補う・支援するという側面を持っています。

 

「認知症なのはわかっている」「でも我慢できない」ということはあります。

認知症の理解よりも、「~すべき」という気持ちが上回ってしまうときです。

 

イライラしたら6秒待つ

「わかっているけど、我慢できない」とイライラするときに、効果的な方法をご紹介します。

企業教育や学校教育でも取り入れ始めている、アンガーマネジメトです。

アンガーマネジメトとは、「怒り」をコントロールして上手く分散させる方法です。

 この「怒り」を管理するアンガーマネジメントを、取り入れることで「怒り」に変わる前段階のイライラをコントロールしてみましょう。

 

あなたが思う「~すべき」という価値観をコアビリーフと言います。

「普通は~するでしょ」「~するのは当たり前よ」というのが、あなたの価値観です。

しかし、あなたの当たり前の価値観は、認知症の人には伝わりません。

 

「じゃぁどうすればいいの?」ということですが、アンガーマネジメントでは、怒りは6秒間をやり過ごすと落ち着くと説明しています。

怒るときには、体の中で「アドレナリン」というホルモンが分泌され、感情をエスカレートさせます。

しかし「アドレナリン」は6秒を過ぎると、分泌のピークが過ぎていきます。

ですから、6秒ルールと言われるほど、その間をやり過ごすことを勧めています。

 

認知症の対応で困ったときには、「一旦その場を離れる」という対応がされますが、まさに6秒ルールを取り入れているといえます。

 

そんなことでイライラは治まらない⁈

アンガーマネジメントでは6秒の間、数を数えながら気持ちを怒りから遠ざけるというテクニックを使います。

「そんなことでイライラはおさまらない!」と思うかもしれませんが、これは気持ちの切り変えを行うためのものです。

他のことを考えてみるのもいいのですが、イライラしはじめると、思考は停止がちになります。

その場に留まりそのことだけを考えてしまいます。

ですから、簡単な方法を取り入れる必要があります。

 

数を数えるというのは、高等動物に与えられた能力です。

「1.2.3・・」があまりに簡単なら、「100-7.93-7・・」というように、複雑にしてみるのもいいでしょう。

そして、イライラしたときに数を数える習慣をつけることです。

この習慣こそがイライラをコントロールできる方法です。

1.2回やってみて「効果ないじゃない」と思わず、習慣になるまでやってみましょう。

 

 

まとめ

認知症介護では、自分のもっているコアビリーフ(価値観・確たる信念)は通用しません。

自分の今の状況を理解すことが、イライラを止める早道になります。

イライラしたときに、今自分は「~すべき」と思っているのかを顧みる必要があります。

「ご飯はすぐに食べるべき」「排泄は間隔をあけてするべき」「風呂に入ってきれいにするべき」という、「~すべき」という気持ちが強ければ強いほどイライラします。

認知症の人に強い感情をぶつけると、強い反応が返ってくることも忘れないようにしましょう。

イライラで思考が停止しまうときのために、数を数えて感情を鎮める方法を習慣化させてみてください。

 

おすすめの記事

介護士の【感情労働】を乗り切る言葉 

スポンサーリンク

-介護士アラカルト
-

Copyright© 認知症 介護の窓から明日が見える , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.