2019/8/15

スポンサーリンク

認知症の症状

認知症 食欲の減退は症状の進行?「すいかを食べた~」

投稿日:

スポンサーリンク


認知症 好物のすいか

今年は全国的に猛暑の夏となりましたね。介護施設では、水分摂取を目標に掲げるところも多いと思います。今回は、水分を溜め込んでしまい飲み込めなくなっている90歳代の女性のおはなしです。

居眠りが多くなる

彼女がグループホームに入居して、10年が経過しています。突然スイッチが入ると、興奮がおさまらない時期もありましたが、徐々にそのような対応の難しい様子が少なくなっていました。

難聴もあり、問いかけに対し「どうもありがとう」「お世話になります」といった決まったパターンの言葉が多くなります。介護士たちが「今日も暑いですね」と声をかけても「どうもありがとう」といった具合です。

段々おとなしくなっていく彼女の対応は、介護の対応の順番を降格させていました。手びきで歩行出来ていましたが、体が傾いて歩くため車いすの使用も多くなります。

介護者たちにとって困った行動がなくなり、緩慢な歩行速度に合わせた介助も減る。大勢の人の中で、彼女は段々とひとりになっていたのです。

春には外気浴をしたり散歩をしたりしていた彼女が、気が付くといつも居眠りするようになっていたのです。

省かれた介助

彼女は自分で箸を持って食べることが、無くなっていました。認知症が進行しても、「箸を持って」「茶碗をもって」と、動作を何度も介助すると自分で食べることができる方もいます。ただ、動作を介助することは、時間や根気が必要です。

他の利用者さんたちの介助者が多くなっていたため、この大事な時期の彼女の介助が省かれてしまいました。

この工程を省かれた彼女は、自分で食べることが全くなくなってしまったのです。

食事のタイミング

職員は利用者さんと共に食事をします。食事をしながら、利用者さんの食事の介助をして、他の利用者さんの様子も観察します。職員が自分のお膳を見て「あれ?食べ終わってる!」なんてこともよくあります。そんな感じなのでとても慌ただしい時もあるのです。

認知症の方の場合、一口を飲み込んですぐに次の一口を介助しないと、タイミングが悪くなり、食が進まなくなることがあるのです。疲れてしまうのだと思います。傾眠しがちな彼女は、食事中にも居眠りするようになりました。

覚醒しない状態では、誤嚥にもつながるため、食事は中断することになります。こんなことが続いて、彼女の生活サイクルを変更することになりました。

しっかりと覚醒した状態を確認してから起床するようにして、食事は1日2食となったのです。

飲み込めない

この頃、水分を飲み込みづらい状態になりました。水分を口の中に入れるとブクブクとうがいをするよになります。飲み込みがしやすいように、トロミ剤を使用しましたが、彼女はトロミを使うとよけい飲み込んでくれません。

ゼリーやプリンなども試しましたが、あまり効果がありません。

夏の定番のすいかが出たときです。「ジュースにするといい」とか「ゼリーにすといい」とか話がでましたが、「前はうまいって言って食べたんですけどね」という職員がいたので、加工しないで小さく切って出してみました。

介助していた職員が「食べてる~ぅ」と大喜びです。食事を半量残していた彼女が嘘のように、食べる!食べる!。2切れに近い分量を食べきりました。

今、彼女に対しての対応が見直されています。食事の提供以外にもコミュニケーションの充実や馬蹄式(大きいタイプの歩行器)の歩行器なら安定して歩けることが多いため、これを利用してフロアを歩くなど検討しています。

スポンサーリンク

-認知症の症状
-,

Copyright© 認知症 介護の窓から明日が見える , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.