2019/8/15

スポンサーリンク

認知症の症状

認知症で思い込みが激しい 大切な人への対応

投稿日:

スポンサーリンク



認知症に限らず、高齢になると思い込みが激しくなります。ご家族や介護者にすると「どうしてそうなる?」と思うようなことが多くなるのです。間違いを正すと思い込みは一層激しくなり、症状を悪化させてしまいます。大切な人だから関係を良好に保ちたい、そんな時の対応を紹介します。

基本対応は話を聞くこと

否定せずに話を聞く

思い込みが激しい時の訴えは、非現実的なことが多く「えっ!なんで!」と思うことがほとんどです。

まずは、どのようなことを訴えているのか確認しましょう。

否定せずに、頷いて聞くことです。

訴えた人に「そんなことないでしょう!」と否定されても、思い込みが激しい時には一切聞き入れることができません。

それどころか、訴えていことを「真剣に聞いてもらえない」と思い、悲しい気持ちや苦しい気持ちが増幅してしまいます。

否定すると症状は強くなる

思い込みが激しい時に、その訴えを否定されると症状はさらに悪化します。

「訴えても聞き入れてもらいない」「わかってくれない」と思うようになると、何度も訴えを繰り返したり、他の人へ訴えるようになります。

認知症の症状を理解している人が、訴えを聞く分には問題ありませんが、無関係の人が聞くと、現実と思い込みの区別がつかないために、トラブルとなります。

訴えを肯定すると、思い込みが更に激しくなる

逆に訴えを肯定すると、思い込みは更に激しくなります。

聞いている人が「そうなの!大変ね!」といったように、その訴えを肯定すると、思い込みはご本人の中で事実となってしまいます。

思い込みの訴えは、自分を守るための訴えです。

「自分が何か被害を受けようとしている」「何とかしなくては」という思いが訴えとなっていきます。

話す相手が、信頼できると思う人の場合は相談する形になりますが、関係が良くない場合は、加害者となってしまいます。

思い込みには、メッセージが込められている

認知症に限らず、高齢になると記憶が曖昧になっていきます。

いつも探し物をしていたり、思い出せないことが多くなります。

また、加齢に伴い身体状況が悪化していきます。

「見えない」「聞こえない」「だるい」「痒い」など様々です。

それらは、自分の身に起きている被害なのです。

自分では気づきにくい変化を、「誰か」または「何か」のせいにすることで、元の自分を取り戻そうとしています。

寂しい、悲しい、辛いなど、その思いをくみ取る必要があります。

「物がなくなった」と思い込む

「物がなくなった」と訴えるときに多いものは、お財布や通帳などの貴重品が多いものです。

他人が欲しくなるような物であれば、訴えが強くなります。

その時は、一緒に探すことが一番です。

自分以外の人が見つけてしまった時は、自分で見つけられるように誘導しましょう。

自分で見つけないと「あなたが盗ったんでしょう」となりかねません。

「私はこっちの押入れを探すから、棚を探してみて」というように、誘導していきます。

自分で探しあてることで、納得していきます。

何度も同じことが続くと思いますが、関係を維持するためにも協力していきましょう。

「誰かが侵入した」と思い込む

記憶が曖昧になると、「いつもの場所にいつもの物がない」「物が移動している」と、自分で行っている記憶が薄れ、「誰かが入り込んでいる」と思い込んだりします。

実際に何度も引っ越しを繰り返し、その都度ご近所とのトラブルになる方もいます。

一人暮らしの高齢者に多く、寂しい思いや身体の不調が隠れています。

その時は、連絡を密にとるようにしましょう。

訪問するのが難し時は、電話で連絡するだけでも改善が見込めます。

何か悩んでいることや、不安なことがあるかもしれません。

「毒が入っている」と思い込む

食べ物に「毒が入っている」と思い込む場合があります。

料理を作る人との関係が良くない場合に多く、「なんだか味がおかしくないかい?」などと訴えはじめます。

関係を一気に改善するのは難しく、距離を置くのが適切です。

介護サービスを使い自宅にヘルパーさんを呼んで料理を作ってもらうこともできます。

介護施設でそのようなことがある場合は、上長に相談し移動を願い出ましょう。

「盗聴されている」と思い込む

高齢になると、聞こえが悪くなるといった症状の他に、自分の声が響いて聞こえたりするなど、聞こえ方にも変化がでます。

少しずつ変化したり痛みが伴わないため、ご自分の耳の不調と思わず「盗聴されている」と思い込んだりします。

そんな時は、聞こえ方をよく確認し、耳鼻科で受診しましょう。

その他にも、生活上の不自由がないかも確認するとよいです。

話をよく聞き、生活上の不自由を改善して訴えがなくなった方もいます。

思い込みが激しくなった時

思い込みの症状が現れて、すぐに対応できると症状は軽減します。

しかし、介護者側にも感情があり対応に苦慮することもあるでしょう。

その時は、家族や一人で悩まず第三者に相談することです。

ケアマネージャーに相談したり、認知症の家族の会などに参加してみましょう。

家族の会では、介護者側の気持ちを理解してもらえますし、同じ悩みを持つ方もいて、介護者の気持ちを打ち明けるだけで、新たな気持ちで接することができるようになります。

介護施設などであれば、他の職員や上長に相談することです。

理不尽と思えるような「思い込み」を正そうとしても、介護者との関係を悪化させるだけです。

介護者側に、こころの余裕がなくなると、苛立ちストレスが溜まるだけですから、相談して助けを求めていきましょう。

さいごに

「思い込みが激しい」時は、心身の変化のあるときです。

肯定もせず否定もせず、話をよく聞いてみましょう。

こころの悩みなのか、体の悩みなのか、生活上の不具合なのかを確認することが大切です。

そして、抱え込まないことです。

大切な家族であっても、対応でストレスが溜まってしまうと、やさしい気持ちで接することが出来なくなります。

相談することや距離を置くことで、新たな状況に変わることもありますから、抱え込まないようにしましょう。

おすすめの記事

認知症ケアで大切なこと 接し方のポイントはコレ!

スポンサーリンク

-認知症の症状
-,

Copyright© 認知症 介護の窓から明日が見える , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.