2019/8/15

スポンサーリンク

高齢者の特徴

訪問マッサージの料金ってどれくらい?高齢者のマッサージ費用

投稿日:

スポンサーリンク



高齢者になると膝の関節が痛んで歩けない、寝たきりの状態になるなど様々な体の不調がでてきます。少しでも良くなるように、「マッサージを受けさせてあげたい」しかし、「治療院に通うのは大変」そんな時に考えるのが、訪問マッサージです。気になるのは料金。体の状態によって、医療保険を利用することができますので、低料金で利用できます。

訪問マッサージの料金

自費でマッサージを受けると、30分で3,000円程度の料金がかかるマッサージ。

訪問マッサージは、歩行が困難な方や寝たきりなどで歩けない方、治療院に通院できない方のためのマッサージです。

医師が必要だと診断すると訪問マッサージを医療保険を使い、1割~3割の低料金で利用できます。

主な料金は「マッサージ料金」と「往診料」

訪問マッサージは、「マッサージ部位の料金」と「往診料」で構成されています。

マッサージ部位の料金

1ヶ所の部位【340円】(1割負担の場合)

訪問マッサージは、マッサージを行う身体の部位を5つに分けて行います。

①体幹   頭部,頸部,胸部,腹部,骨盤部 

②右上肢  右の腕や手

③左上肢  左の腕や手

④右下肢  右足

⑤左下肢  左足

料金の算定は、何ヶ所を施術したかで計算されます。

 

変形徒手矯正術の料金

1ヶ所の部位【780円】(1割負担の場合)

変形徒手矯正術は、手足の四肢に関節の拘縮・麻痺などがある場合、関節の可動域が制限されている状態を、できるだけ元の状態に戻していく施術です。

この施術も何ヶ所を行ったかで計算されます。

 

温あん法の料金

1回の料金【80円】(1割負担の場合)

温タオルなどで患部を温め、マッサージの効果をあげる施術です。

 

往療の料金

往診料は、「治療院」からの距離で算定します。

往診を行うために必要な交通費と考えてもよいでしょう。

0.1㎞~4.0㎞の料金【2300円】

4.1㎞~16.0㎞の料金【2700円】

画像引用元:habataki.jp

直前に患者の施術を行った場合は、「直前の患者宅」か「治療院」の近いほうで算定することになっています。

同一の建物内(介護施設から介護施設への移動・ご自宅で2人の施術を行う場合)の移動は、往診料を交互に請求することになります。

また、治療院から16㎞以上の直線距離にある場所への施術は行えません。

 

訪問マッサージを受ける その他の料金

キャンセル料金

1回のキャンセル料金【0円~半額程度】

キャンセル料は、治療院によってまちまちです。

キャンセル料がないところもありますし、半額支払いのところもあります。

また、予約に対して事前にキャンセルを行うか、当日のキャンセルを行うかでも、キャンセル料に違いがあります。

契約するときに確認しておきましょう。

 

同意書料金

1回料金【100円】(1割負担の場合)

同意書料金は、医療保険を利用して施術を受ける場合に必要です。

医師に、施術を受けることを同意(診断)してもらう料金です。

 

訪問マッサージ 料金例

具体的にどれぐらいのマッサージ料金が、必要なのかをみてみましょう。

画像引用元:palull-chiryo.com

施術時間は、概ね30分程度です。

料金例 1

次の場合を想定して、料金をみてみましょう。

両膝に関節症があって、左右の足に施術を行った場合。
回数は週に2回で、自己負担が1割の方。
治療院からの直線距離が3㎞の場合を例にとってみてみましょう。

 

  • 疾病(変形性膝関節症)左右の足の筋力が低下している
  • マッサージ局所(2ヶ所、両足)
  • 利用回数(週に2回)
  • 自己負担割合(1割)
  • 往診距離(3㎞)

 

マッサージ料金 340×2(両足) =          680円

往診料     4㎞ 以下           2,300円

1回の料金 680円 + 2,300円 =    2,980円

月額の料金 2,980円×8(週2回) = 23,840円

自己支払額  23,840円 × 0.1  =  2,384円 (1ヶ月×8回)

自己負担割合   2割の場合 × 0.2 =   4,768円  (1ヶ月×8回)

自己負担割合   3割の場合 × 0.3 =   7,152円  (1ヶ月×8回)

 

料金例 2

上記の例よりも更に身体状況が悪い場合の例です。

両膝に関節症があって、左右の足に施術を行った場合。
変形徒手矯正術(1ヶ所=780円)を左右の足に施術します。
回数は週に2回で、自己負担が1割の方。
治療院からの直線距離が、今度は5㎞の場合を例にとってみてみましょう。

 

  • 疾病(変形性膝関節症)左右の足の筋力が低下し、車椅子使用
  • マッサージ局所(2ヶ所、両足)
  • 変形徒手矯正術(2ヶ所)

  • 利用回数(週に2回)
  • 自己負担割合(1割)
  • 往診距離(5㎞)

マッサージ料金 340×2(両足) =          680円

変形徒手矯正術 780×2(両足) =  1,560円

往診料     4㎞ 以上(5㎞)=     2,700円

1回の料金 680円+1,560円+2,700円  =  4,940円

月額の料金 4,940円×8(週2回) =  39,520円

自己支払額  39,520円 × 0.1  =  3,952円 (1ヶ月×8回)

自己負担割合   2割の場合 × 0.2 =   7,904円    (1ヶ月×8回)

自己負担割合   3割の場合 × 0.3 = 11,856円    (1ヶ月×8回)

 

訪問マッサージは医療保険で支払う

訪問マッサージは医療保険を使う

訪問マッサージは、公的医療保険を使い支払います。

公的医療保険には次のようなものがあります。

  1. 国民健康保険 (加入者は自営業やフリーターなど)
  2. 後期高齢者医療保険 (加入者は75歳以上の後期高齢者)
  3. 社会保険 (加入者は会社員など)

 

医療保険と介護保険 介護保険が優先される

保険を使いマッサージを受ける場合、医療保険を使う『訪問マッサージ』と介護保険を使う『訪問リハビリ』があります。

  • 訪問マッサージ 医師の同意書が必要
  • 訪問リハビリ  医師の指示が必要

訪問マッサージは、あん摩マッサージ指圧師が施術を行い、医師よる疾病の診断のあることが条件になります。

訪問リハビリは、理学療法士によって、医師の指示のもと治療を行います。

医療保険と介護保険の関係は、介護保険の方が優先されます。

訪問リハビリは、介護保険を利用しますが、特定の疾病では医療保険の適用も認められています。

 

訪問マッサージは介護保険を使えない

 訪問マッサージは、医療保険の分野で介護保険は利用できません

しかし、利用を検討するときは、ケアマネージャーに相談してみましょう。

ケアマネージャーは、介護保険だけではなく、その方が利用するサービスを把握してケアプランを作成しています。

そのため、マッサージという身体に関係したサービスを受けるときは、「こんな希望がある」ということを伝えておきましょう。

良い治療院を紹介してくれるかもしれません。

 

訪問マッサージが使える施設

介護保険を利用できない訪問マッサージですが、施設にいる方の場合でも、訪問マッサージを利用できる場合があります。

施設にはいろいろなタイプの施設があり、理学療法士が在籍している介護保険施設での利用は行えません。

有料老人ホームやグループホームなどの介護施設は、利用が可能ですからケアマネージャーに相談してみましょう。

さいごに

訪問マッサージの料金は「マッサージ料金」と「往診料」で算定されます。

医療保険の負担割合は、1割~3割までありますから、利用される方の負担割合で計算しましょう。

訪問マッサージは、歩行が困難な方や寝たきりなどで歩けない方で、治療院に通院できない方のためのマッサージです。

マッサージを行うと、足のむくみが改善されたり、良い睡眠につなげることもできます。

私がいる介護施設では、施術の後にお通じが良くなる利用者さんもいます。

訪問マッサージの料金も考えながら、賢く利用していきましょう。

 

おすすめの記事

車椅子の介助と使い方 ポイントを紹介

 スロープで車椅子の段差を解消

スポンサーリンク

-高齢者の特徴
-,

Copyright© 認知症 介護の窓から明日が見える , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.