2019/8/15

スポンサーリンク

介護士アラカルト

『会社辞めたい』と思ったときの考え方

投稿日:

スポンサーリンク


「会社を辞めたい」と思ったことはありますか。転職を考えるのも一つの方法。環境を変えることで、問題が解決するかもしれませんが、その前に考え方を変えてみませんか。「会社を辞めたい」と思っている方へ、おすすめの考え方をご紹介します。

「会社を辞めたい」と思ったときの考え方

社会人になって働き始め、最高の職場に出会えたあなたは幸せです。

しかし、ストレスの多い職場が多いのではないでしょうか。

残業が続く、上司に叱責される、低賃金などなど。

私自身が「会社を辞めたい」と思ったときの考え方をご紹介します。

  1. 人間関係では辞めない
  2. 目標を持って転職する 

シンプルですがこの2つです。

人間関係では辞めない

「会社を辞めたい」と考える時の一番の理由は、人間関係ではないでしょうか。

賃金や労働時間などが思うようにいかなくても、職場の人間関係がスムーズで良好なら「辞めたい」と思いながらも続けることが出来ます。

しかし、支え合える仲間がいないと「辞めたい」と思う気持ちが、頭から離れません。

ですが、人間関係というのはどの職場に移ったとしても、多少なりとも問題があるものです。

転職先にもあり得る人間関係。

では、その悩みをどうしたらよいかと言うことですが、おすすめするのが

  1. 気分転換できることを探すこと
  2. 目標を持つこと この2つです。

 

気分転換出来ることを探す

ありきたりなことですが、とてもおすすめです。

新しいこと、やりたいと思っていたことを、手掛けてみてください。

以下の動画は、「新しいこと」を始めた方が作った動画です。

上司に難癖をつけられ、上司の失敗の後始末をすることが多く「会社を辞めたい」と思っていたそうです。

動画を作る楽しさを覚え、先日伺ったときには「会社辞めません」「だってネタがなくなっちゃうから」と話されていました。

 

紹介動画「コッヘルチャンネル」の「会社辞めたいOL 山へ行く」

目標を持つこと

もう一つの考え方は、今の仕事に目標を持つことです。

どんな目標を持つかというと、設定はいろいろあります。

  1. 資格をとる
  2. 契約満了の期間まで続ける
  3. 賃金などの労働条件を、明確に決める
  4. 実績を残す

できるだけ前向きな目標がよいと思います。

私は今、「介護職の事業形態を経験する」と言うことを目標にしています。

そのために、派遣社員という方法を選びました。

どんなに好条件でも、4ヶ月単位に事業形態を変えています。

 

介護の職場でも「会社を辞めたい」と思う方は多いです。

そんな方の相談相手になりたいというのが、大きな目標になりました。

相談相手になるために、多くの事業形態や職場を経験したいと思っています。

 

目標がしっかりと自分の中にあると、苛立つことも乗り越えられます。

悩むときは、頭の中だけがグルグルと回り、行動が止まってしまいます。

考え方は悪い方に傾いてしまい、そのような状態で転職すると自分に自信がなくなってしまいます。

あなたの価値はあなたが知っている

何か悪いことをすると、親に「神様は見ているんだからね」と言われたことはありますか。

この言葉の意味を自分なりに理解できたのは、随分と大人になってからです。

「神様」と言うのは、「自分」のことであろうと思います。

誰も見ていなくても、自分の行った行動は「自分」はよくわかっているからです。

 

そして、あなたの中にあるあなたの価値は、自分が知っているということ。

探してみてください。

必ずあるはずです。

目標を持って行動すれば、考え方に変化が出てきます。

「会社を辞めたい」そんなふうに思ったら、考え方を変化させてみてくださいね。

さいごに

「会社を辞めたい」と思ったときに、自分が試してきている考え方をご紹介しました。

  1. 気分転換できることを探すこと
  2. 目標を持つこと 

是非、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

-介護士アラカルト

Copyright© 認知症 介護の窓から明日が見える , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.