2019/8/15

スポンサーリンク

介護 未経験

グループホームの一日 介護士が語る実態とは

投稿日:

スポンサーリンク


グループホームの一日

認知症対応のグループホームでは、どんな一日を過ごしているのでしょう。グループホームでは、利用者の方と介護士が共に生活を支えあいながら共同生活を営んで、認知症状を安定させることを目的としています。近年は症状の重度化が進んでるグループホームの実態はどんなのなのかを、介護士の目線で見ていきます。

起床から昼食まで

起床は朝6時から始まる

朝食は7時~7時30分というグループホームが多いものです。朝食までに排泄や洗面を済ませるわけですから、起床時間は6時から始まります。

起床の介助は夜勤者1人であることが多く、6時の起床開始からお一人10分の介助を9名行うと90分になります。起床してすぐに食事をはじめる方もいるわけです。

朝食後から10時まで

朝食が終わると、食器の片づけや茶碗洗いを行います。お手伝いいただける利用者さんがいる場合は共に行います。

朝食が終わった後利用者さんは、居室に戻られたりフロアでテレビを見て過ごされます。この時間で9時頃ですから、起床から2~3時間が経過しています。

排泄の案内が必要な方を案内します。9名全員を誘導するとなると、この時間は排泄の案内だけで過ぎてしまいます。

介護士たちは申し送りなどを済ませると10時になります。日中にフロアの清掃を行うグループホームでは、この間に清掃を行います。

10時から昼食まで

10時は一服の時間を設けるところが多いです。利用者さんにコーヒーや牛乳またはお茶などを提供します。

この時間帯に、レクリエーションとして体操を取り入れたり、散歩をすることもあります。洗濯物を利用者さんに畳んでいただき、各居室に配達したりします。

午前中に入浴するところでは、この時間帯に入浴していただくところもあります。そして、昼食前に排泄の案内をします。

昼食から夕食・就寝まで

昼食から15時まで

昼食が終わると、利用者さんたちはウトウトし始めるころです。居室に戻られテレビを見たり、お昼寝される方もいます。

介護士たちは休憩の時間になります。交代で休憩に入り残った介護士は、この間に記録を書いたり入浴の準備をします。

入浴はこの時間帯に入ることがほとんどです。週に2回~3回ぐらいでしょうか。

15時のおやつの時間になる前に、利用者さんに声掛けしてフロアに来ていただきます。

15時から夕飯まで

行事があればこの時間に行うことが多いです。おやつとしてケーキやお饅頭が出されることもあるでしょう。

通常はクッキーやスナック菓子などのちょっとしたお菓子が、出されるのが通常です。

おやつが終わり夕食までに、排泄の案内をします。

注意が必要な時間帯

認知症の方でこの時間になると、落ち着かなくなる方が多いものです。「帰らせていただきます」と言って、歩き回るのは大体がこの時間なのです。

介護士たちは、入浴の後始末や夕食の支度に入ります。早番や日勤の職員は、業務を終了させるために、不足の業務をこなさなければなりません。

この慌ただしさが、認知症の方を一層落ち着かなくさせるのでしょうか。立ち上がったときに、ひざ掛けを足に絡ませて転倒する、職員が目を離してしまい歩き出たときに転倒するなどの転倒事故が多いのです。

夕食から就寝まで

夕飯が終わると、すぐに洗面や歯磨きが始まります。続いてパジャマに更衣していただき排泄の案内をします。

19時頃になると、フロアで居眠りを始める方が多くなります。そのため、夜7時という早い時間でも、居室に案内し休まれる方がほとんどです。

グループホームでの生活

支援の現状

認知症共同生活介護としてのグループホームでは、認知症があり共同生活を行える方々が、自立した生活をおくる場としてスタートした制度です。

しかし、2000年のスタートから早くも20年に近い月日が経過し、年々重度化が問題となっています。

共同生活を基本においていても、ユニットによっては寝たきりの状態の方もいれば、すべてに介護が必要な方も多いのです。

寄り添う介護が認知症の進行を緩和させることを、介護士たちも理解していますが、食事や掃除などの業務も含まれますので、利用者さんにゆっくりと寄り添うことが出来ないことが多いのが現状です。

まとめ

今回ご紹介した一日の流れは、介護度が平均3以上の方々のいるユニットを例にとりました。

グループホームは要支援2からの入居が可能ですので、介護度が軽い方の多いユニットでは、レクリエーションや外出も頻繁に行えます。

入浴・排泄・食事介助などの身体的な支援と、食事作り・掃除・洗濯などの生活支援を合わせ、介護士たちは利用者の方々を支援しています。

このような流れで、一日をグループホームで利用者さんたちは過ごされているのです。

スポンサーリンク

-介護 未経験
-,

Copyright© 認知症 介護の窓から明日が見える , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.